© 2019 (有)アトリエまり子

初めての仕事に着手する者には、天から賜った炎がなくてはならない。明るく輝き、熱く燃えさかる炎の純粋さが。そして、その炎の中に身を置く者は、耐えねばならない。その純粋さゆえの傷みに。その燃焼度ゆえの激しさに。今日、「特別支援教育」と呼ばれる分野に、いち早く私学の立場から着手し、障害のある子どもたちを、個性豊かなアーチストにまで育て上げた著者の仕事は、そのいずれもが灼熱の炎野中から生まれた静かなガラスの宝石のようだ。半世紀に及ばんとする学園の”母”としての経験の中から、著者が一遍一遍、胸の血で養った渾身のエッセイ!!

まり子の「ねむの木」45年

SKU: 015
¥2,420価格
  • ・宮城まり子著

    ・発行所/株式会社 小学館

    ・2012年12月26日 初版第1刷発行

    ・全288頁

    ・表紙イラスト/ほんめとしみつ

     

  • 自分のハンディを乗り越えて粛々と点てられた一盌のお茶、そこにこもっている素直な真実の心を私は涙ながらにいただいた。